こんな理不尽な対応を上司からされたのは始めて

私はある会社の事務員として再就職しました。その会社にはいろんな分野の会社があってIT関連をはじめ飲食店も経営するような会社でした。再就職してから8年目にIT分野の代表していた方に、業務システムを作ってみないかと依頼を受けました。事務員の傍ら何か自分でできることはないかと会社管理のシステムを自分で作ったりしていましたので、その経験からやってみないかとのことでした。

大元の会社からIT部に移り(会社の場所はおなじでしたので、書類上の移動です)、業務システム構築を仕事としました。IT部はHPの作成やポスターから名刺作成などどちらかというとデザインをウリにして仕事をしていたことを知っていたのでIT部門の上司と相談をして業務システムなどは構築できるが、デザインに関してはお力になれませんと最初の時に約束をしていました。ですが業務システムでも多少のデザインセンスは必要になってきますので自分でフォトショップやイラストレーターの勉強もしました。

ただ、デザインに関してこだわりがあったようでボタンの配置一つにも修正を要求されることもありました。最初の頃はその要求もさほど何も考えずに行っていましたが、一緒に仕事をすればするほどいい加減さが見えてきました。私が依頼者に聞いてきてほしいことをリストアップして上司に聞いてくるように頼んでも一向に回答が得られないのです。依頼者とのやり取りは営業もしている上司でしたので、回答が得られないと仕事はどんどん遅れてしまうのです。もともと仕事のルーズさは大元の上司から聞いていたのですが予想を上回っていました。しかも給料も毎月15日と決めたのに一度も15日に払われたことはありません。いつも2週間ぐらい遅れていました。

仕事も上司としてもルーズなことに嫌気がさしてしまい、3カ月を過ぎたぐらいにいい加減仕事が進まないのではっきり依頼者から返答をもらってきてくださいとお願いしたところ、違う部分を進めてのことでした。でもやはり業務システムなのでHPなどと違い想像では作れません。最初はある程度の打合せの内容を元に構築しますが、細かい部分になるとそうはいきません。また再度上司にお願いしました。ただ今回はいつまでに聞いてきてくれるかを訪ねると忙しいから無理といわれてしまいました。

何が何だか分からず唖然としていると、なんとあなたにデザイン力がないから仕事をお願いすることが出来なくHPの仕事もつまっているとのことでした。HPにはHP担当の方がいましたのでその方と共同で何か作業をするということもありませんでしたし、またその方が逆にシステムに関して手伝いをするということもなかったので私としては納得がいきませんでした。

その後、上司と意見のぶつかり合いになってしまい、再度私がいけなんですか?と聞いてみるとデザイン力がないあなたが悪いといわれてしまいました。この一連のやり取りを大元の上司や部下も聞いていたので、大元の上司にどうすればと相談をすると手を引いて構わないとのことでしたので、その部門から離れることにしました。大元の会社に籍を戻す形になりました。

一応クビなったと同じなので、給料は早急に払ってくださいとお願いしましたが、お金が無いから来月まで待ってくれとのことです。納得がいかない私は、ハローワークに行って訴えました。今までの数々のパワハラ・セクハラ発言も全部話しました。ハローワークの対応は早かったです。解雇をした以上、しかるべき対応をしなければあなたの会社自身が危ないですよとすぐに電話してくれました。次の日にはきっちり払っていただきました。場所は同じなので毎日顔を合わせるのでどうかなと思ったのですが、何もせずにはいられませんでした。

結局この一連の騒動が原因か何かはわかりませんが今年の6月に大元の会社の上司と口論になりクビを言い渡されて会社を後にしました。