募集要項の記載と実際の面接での話が違う

私は、海外留学の経験がり将来は海外と関係をもった仕事につきたいという夢がありました。そのために留学前や留学中や留学から帰ってきた後も語学の勉強継続してきました。そして、転職活動を行っているとき、イタリア研修も定期的にあり、将来的には海外勤務の可能性ありという項目を見て、応募した企業がありました。

続きを読む

こんな理不尽な対応を上司からされたのは始めて

私はある会社の事務員として再就職しました。その会社にはいろんな分野の会社があってIT関連をはじめ飲食店も経営するような会社でした。再就職してから8年目にIT分野の代表していた方に、業務システムを作ってみないかと依頼を受けました。事務員の傍ら何か自分でできることはないかと会社管理のシステムを自分で作ったりしていましたので、その経験からやってみないかとのことでした。

続きを読む

保育とは何かを明白にした一言

社会人になって初めての面接の時です。私は保育系の短大を卒業し、そのまま保育士の面接を受けていたのですが、男性保育士はまだまだ数が少なくて狭き門でした。面接の時にはなぜ男性で保育士になろうと思ったのか、保育士としてずっと続けていくのか等、男性ならではの質問を投げかけられることが多かったです。

続きを読む

エン転職

採用された理由は、ストレートな表現と柔軟な対応力

あるマスコミ関係の会社を受けた時の話です。その会社は、筆記試験の後に、3回面接があり、私はなんとか最終面接に進んでいました。最終面接は集団面接で、学生5名に対して、面接官は2名でした。

続きを読む

社会人経験1年半だった私が、転職面接で使っていた言葉

私は、大学卒業後に、新卒でとある広告代理店に就職しました。ちなみに広告代理店、といっても、世間で有名な会社では全くなく、従業員100名程度の小さな会社です。もともと大学時代から広告に興味をもっていましたし、自ら選んで飛び込んだ世界でしたから、仕事は楽しく、また、同じ志を持った仲間にも出会え、毎日が充実していました。

続きを読む

転職を経験済みの私がとても驚いた求人票

私は何度か転職を経験した事がありますが、何年か前の転職で大変驚いたことがありました。ハローワークで求人票を確認し、その求人票の労働条件や賃金などが自分に合っていたため応募をしたのですが、入社をしてみると求人票と実態が異なる部分が多く、このままだと続ける事が難しいと判断し、その会社を辞めざるを得なくなってしまったのです。もしかしたら会社の方には否は無いのかもしれませんが、私が辞める原因となったポイントをまとめました。

続きを読む

おいしい求人は要注意

協調性があることをうまくアピールできて良かった!

実際に入ってみたら超ブラック企業

医療事務でアピールした「即戦力になれる」という言葉の力